巻物

よかった水彩画講座

初心者でも無理なくできて、上達に繋がりやすい「水彩画の通信講座」を紹介。イチオシの講座です。自宅で水彩画を練習したいという方、必見。

初心者でも無理なく上達できる水彩画講座なんてあるの?



水彩画が簡単に上達する方法はないものか…
少し前までの私が考えていたことです。

初心者なので完全な独学は難しいですし、水彩画教室へ通うのも無理です。
なので自宅でできる水彩画の教材を探しました。

いろいろな教材を調査した末に、良いものをみつけたのでご紹介いたします。
この講座なら、初心者でも続ければ必ず上達するはずです。



今回ご紹介するのは、プロの画家である上西先生が監修されているという「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」という講座です。

講座にしてはちょっと珍しい名前ですよね。

ですが、速く上手くなりたい初心者的には魅力的なネーミングであり、私自身もできるだけ楽して最短で上達したいがためにこれを選んだのですが、結果的にあたりでした。



「いきなり上手」に描けるなんて、ウソじゃないの?って思いますよね。私自身も最初は半信半疑でしたが、内容を見てなるほどと思ったんです。

この講座なら、上手に描けない方がおかしいです。



一体どんな風に練習していくのか?
簡単にではありますが、ご紹介したいと思います。

興味をお持ちの方は、講座のページもあわせてご覧になってみてください。そちらを見た方が、内容はわかりやすいと思います。





なぜいきなり上手に描けるのか



これまで、ある程度絵を描いてきた人が水彩画をはじめてみて「いきなり上手に描ける」のだったらわかりますが、絵を描きなれていない初心者はどうでしょうか?

普通に考えて、描けるはずがないと思いますよね。



描くには練習が必要です。
ですが、練習には時間と根気が要ります。

いくら練習を繰り返しても上手く描けなくて、しまいには挫折してしまう…。

これ、以前の私の練習パターンです。

上手い人の絵を見て、自分も描きたいなって思うんです。
そして練習を初めて最初のうちは続くんですけど、全然上手く描けなくてあまりの下手さに嫌になってしまうという。

私以外でもそういう人、多いのではないでしょうか?




しかし上西先生の水彩画講座では、「いきなり上手に描ける」んですよね。


そして継続しやすい。
続けやすいから、初心者でもすぐに上達します。

なぜなのか?






いきなり上手に描けて、なおかつ続けやすい理由は、水彩画を練習する順番にあります。

通常の描き方だと…

【通常の水彩画制作】
・描くモチーフを選ぶ
・モチーフを元に、下絵を描く
・下絵を元に、水彩絵の具で色づけ

このような流れになると思います。



簡単そうに思えますが、私は下絵で失敗する事が多いです。
はやく水彩絵の具を使いたいのですが、なかなかそこまで到達できないんです。

へたくそな下絵に水彩絵の具を載せても、下手な絵しか描けないのでへこみます。その絵を見て、やる気をなくします。

水彩画がへたくそ…というより、絵自体がへたなので上手い水彩画を描けないんですよね。

同じような方は少なくないはず。
私のまわりでも上手く描けない、練習が続かないという人は多いです。




一方で、上西先生の水彩画講座はというと、

【上西先生の水彩画講座を利用した水彩画制作】
・あらかじめ用意された下絵を元に、水彩絵の具で色づけ

これだけ。

いきなり下絵を描く練習をするのではなく、まずはあらかじめ上西先生が描いた下絵を使って、水彩絵の具で色付けしていくんです。

当然ですが上西先生はプロの画家なので、先生が描いた下絵は抜群に上手です。

その下絵を利用して色塗りできるのですから、とても楽しいです。

少々色付けが下手であっても、下絵が上手いとそれなりに上手くできてしまうから不思議ですよね。

自分の実力ではありませんが、完成した水彩画がきれいだと嬉しくなります。



それだと絵の練習にならないのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、最初はそれでよいのだそうです。

最初から難しいことをするのではなく、まずは水彩画を描く楽しみを味わう事を一番の目的としています。

このやり方、よくできていると思います。
上手く描けると、これからも続けて練習しようという気になるのですよね。

結果的に、長続きします。



塗るコツをつかむことで下絵を描くコツもつかめる

上西先生の指導に従いながら、下絵に水彩を塗るコツをつかむことで、実は下絵を描く勉強にもなります。

絵が上手い人は、色塗りする時のことを考えながら下絵を描いていますが、初心者は下絵を描くのに必死でそこまで頭が回りません。

結局、下絵が色塗りしやすいように描けていないので色が塗りづらく、よくわからない絵に仕上がってしまいがちです。




しかし上西先生の水彩画講座では、まず色塗りから始めることで、どのような下絵を描けば色が塗りやすいのか、暗い部分の表現がしやすいかなどといったコツがつかみやすくなります。

色塗りから始めるのは、水彩画を描く楽しみを味わうという目的もありますが、実は下絵を描くコツも学ぶこともできるんですね。

実際にやってみると、いきなり下絵を描くよりも、まず色塗りしてみてから下絵を描く練習をした方が、どう描けば色が塗りやすいかという点が意識できるようになっていると思います。

それほど意識せずに、描き方のコツを身に付けられるところがこの講座のすごいところです。



真似してプロのコツを身に付ける



もう一つ、上西先生の講座のすごいところは、DVDでプロの描き方をすべて見ることができるという点です。



他のサイトでもよくいわれているのですが、絵って「上手な人の真似をする」ことが、上達への近道だといわれています。

参考:いきなり上手に描けるようになる上西先生の水彩画講座とは?
参考:オリジナルの絵を描くためには【模写】をたくさんしてそれを混ぜる

筆の使い方や色の混ぜ方、紙への色の置き方など、全てをまねるんです。そうすることで、描き方のテクニックを効率よく身に付けることができます。

といっても、近くに絵が上手い人がいるとは限りません。

上手い人がいたとしても、他人に何もかも真似されていい気分がする人はあまりいないでしょう。

真似することは効率の良い練習方法ではありますが、そういった練習の仕方ができるのって、多分教室に通っている人くらいだと思います。



ですが、上西先生の水彩画講座では、DVDで先生が描く様子を最初から最後まですべて見ることができます。

先生が描いている様子をそのまま真似することで、自然と書き方のテクニックがみにつくというわけです。

プロの描き方を真似できる機会なんて、普通はありません。
ましてや、描いている様子を最初から最後までみれるなんてこと、まずありませんよね。


しかし、この水彩画講座では真似して描くことができるようになっています。
結果、スピーディーな上達に繋がるんです。

実際、「DVDの通りに描いたら、それらしくなった」なんて声が上がっていることからも、効率の良い練習方法が実践できる講座だといえるでしょう。



通信講座の内容

上西先生の水彩画講座の内容は、おおきく分けて3パターンに分類されています。



まずは予め用意された下絵に色を塗っていく「色塗り編」、さらに下絵を描く基礎を学べる「デッサン編」、そして「応用編」の3パターンです。

テキストとDVDを使って学べること、またどの講座にも先生のわかりやすい丁寧な説明があるため、飽きません。

色塗り編
・まずは先生が描いた下絵を使って色塗りの練習
・「絵を描く」ということの大まかな基礎知識を学ぶ

デッサン編
・デッザンの道具や基本的な知識
・バランスの良い下絵を描くコツが学べる
・用意されたお題で「下絵デッサン」に挑戦

応用編
・ワンランク上の作品を完成させるための、絵の仕上げ方を学ぶ
・用意されたお題で水彩画作品を制作する

全てを学ぶことで、非常に数多くの絵画のテクニックを身に付けることができます。

教室に通うとなると、少なくとも1〜2年は通わなくては身に付かない水彩画の基本〜応用がこの講座には詰まっています。

身に付けたテクニックは水彩画だけではなく、他の絵のジャンルでも役立つでしょう。


水彩画講座が向いている人は?

上西先生の水彩画講座が向いているのは、水彩画教室へ通うのが難しい方、またマイペースで練習していきたいという初心者の方です。



講座はいつでもどこでも1人で水彩画の練習ができます。
しかし教室だとそもそも通う時間がとれなかったり、大勢で何かするのが苦手な人もいますよね。

費用に関しても、1〜2年と長期間教室に通う場合だとウン十万の費用がかかってきます。本格的に水彩画を勉強したいけれど、そこまでの費用はちょっと…なんて人もいるでしょう。

しかし講座なら、教室に通う費用に比べれば圧倒的に安いですし、安くても数多くのテクニックを身に付けられます。


時間や費用面で教室に通うのが難しい人、スキマ時間にコツコツ水彩画をやりたい人に、今回ご紹介している水彩画講座は向いています。

逆に、皆でワイワイ練習するのが好きな人や、絵描き仲間が欲しい人は講座ではなく、教室へ通った方が楽しく学べると思います。




キャンペーン時が一番お得

この上西先生の水彩画講座、不定期で特典プレゼントのキャンペーンを実施しています。

特典の内容はその時によって変わりますが、例えば水彩画で大切な「水張り」について解説したDVDが付属したり、絵の具のプレゼントであったりと、水彩画に取り組む方にとってはかなり魅力的な内容となっています。

ちなみに現時点では、以下の特典プレゼントがあるようです。




単独で売っていてもおかしくないくらい、魅力のある特典です。

特典がついてもつかなくても講座の料金は変わらないため、講座を申し込むのなら特典付きのキャンペーン実施時を狙いましょう。

詳細については、以下のリンク先の講座のページをご覧ください。




手裏剣


Copyright (C) 2017 よかった水彩画講座 All Rights Reserved. 運営者情報
巻物の端